埼玉県警吉川署が自称20代の男女3人を建造物侵入容疑で誤認逮捕

Posted by pp2012 on 2013年11月6日 in 未分類 with Comments closed |

埼玉県警吉川署は14日、中国籍の自称20代の男女3人を建造物侵入容疑で誤認逮捕していたことを発表しました。

吉川署の発表によると、13日午後4時25分ごろ、埼玉県三郷市早稲田にあるアパートの1階ドア付近に女性がしゃがみ込み、その前に男性2人が立っているのをパトロール中の署員が発見。

アパート敷地から出てきたところを職務質問したところ「アパートにはいなかった」と答えたことなどから、建造物侵入容疑で現行犯逮捕したそうです。

ところが署でくわしく話を聞いたところ、男性の1人が、アパートの1室を賃貸契約をしていることが判明。

男性は部屋の鍵を持っており、賃貸契約書なども確認できたため、逮捕から約2時間半後の午後6時45分に3人を釈放したそうです。

日本語での説明がうまくできず、どちらかが職務質問の際のやり取りで勘違いがあったんでしょう。

 

ルーブル美術館で中国人観光客による偽造チケットの使用が相次いでいた

Posted by pp2012 on 2013年10月11日 in 未分類 with Comments closed |

パリのルーブル美術館で8月、中国人の観光ツアー客が偽造された入場チケットで美術館に入場しようとしていたことが分かりました。

ルーブル美術館の関係者によると、ルーブル美術館では8月中に中国人観光客や中国人ツアーガイドによる偽造チケットでの入場が数回にわたってあったそうです。

最初のうちは一目で偽造と分かる粗悪な偽造チケットの使用でしたが、最近は非常に完成度が高い偽造チケットが使われるようになっていることや、隣国ベルギーの税関当局によると、中国発の小包の中に隠されたルーブル美術館の偽造入場チケット3600枚がベルギーで押収されたこてなどから、背後に偽造グループが存在している疑いもあるとみて、警察も捜査を開始しているようです。

何でもコピー品を作る中国ですが、チケットまでコピー品を作るのは完全に犯罪でしょう。

 

 

不安を抱えているカネボウの美白化粧品のCMに出演していた女優たち

Posted by pp2012 on 2013年8月17日 in 未分類 with Comments closed |

カネボウの美白化粧品を使った人の肌が、まだらに白くなる被害が出ている問題。

自主回収を始めた4日時点の被害者数は39人しかいませんでしたが、自主回収の発表後、被害の申し出がいっきに拡大し、被害の申し出は19日までに6808人にのぼっているそうです。

しかも、その中でも2205人は重症だというのです。

自主回収となった化粧品の愛用者は全国に約25万人もいるといわれていますから、被害はさらに増える可能性が高いでしょう。

そんな中で、肌がまだらにに白くならないか不安を抱えているのが、自主回収になった化粧品のCMに出演していた女優たちです。

カネボウの美白成分「ロドデノール」が配合されている化粧品のCMには、女優の中谷美紀、深津絵里、藤原紀香、りょう、知花などが出演しています。

もし、CM出演後に化粧品を愛用するようになっていたら、直接の原因が分かっていないだけに、不安を抱えているでしょうね。

 

身近な草花の中には食べられる野草や山菜もあるが猛毒の植物もある

Posted by pp2012 on 2013年6月11日 in 未分類 with Comments closed |

身近なところに生えている草花の中には食べられる野草や山菜もあります。

しかし、中には猛毒の植物もあるため安易に食べない方がいいかもしれません。

4月中旬ごろになると、セリ、フキ、ウド、コゴミ、ワラビ、ノカンゾウ、ノビル、タラノメといった、野草や山菜が身近にところに生えているはずです。

しかし、タラノメの中でも「トゲなしタラノメ」と似たモノに、触るとかぶれてしまうウルシがあります。

またセリの中には、毒のあるドクゼリというモノもあり、同じ場所に生えるいるため、間違えて食べてしまい、とんでもない目にあってしまう人がたまにいるそうです。

よく見れば、似ているようで違いがあるのですが、野草や山菜について知識があまりないと間違って採ってしまう場合もあります。

もし、身近にある野草や山菜を採って食べてみたいというのなら、草花に関する本をもって行きましょう。

 

3月は「寒冬」から一転していた

Posted by pp2012 on 2013年4月24日 in 未分類 with Comments closed |

気象庁は1日、3月の天候まとめを発表しました。

その発表によると3月の平均気温では、35地点で3月としては観測史上最も高く、地域別でも東日本と西日本が統計史上2番目の高温だったそうです。

月平均気温が史上最も高かったのは山梨県の河口湖で平年比プラス3・4度、地域別の平均気温は、東日本は平年比プラス2・1度、西日本で平年比プラス1・6度だったということです。

3月の平均気温が全国的に高くなってしまったのは、移動性高気圧に覆われて晴れる日が多かった上、南からの暖かい空気の影響をたびたび受けたからだと気象庁は説明しています。

今冬は、北日本や西日本で平均気温が平年を下回る「寒冬」でしたが、3月で一転してしまったことで桜の開花もかなり影響が出てしまったようです。

 

ニホンカワウソは絶滅していないかもしれない

Posted by pp2012 on 2013年2月8日 in 未分類 with Comments closed |

環境省が昨年8月に「絶滅種」に指定したニホンカワウソ。

そのニホンカワウソの目撃情報が、絶滅指定後に相次いでいたことが明らかになりました。

ニホンカワウソの目撃情報があったのは、国内最後の捕獲地であった愛媛県。

かつては日本中に生息していたニホンカワウソですが、河川改修や乱獲によって次第に数が減少していき、1975年4月に愛媛県宇和島市の離島で見つかったメスが最後の捕獲となり、79年6月に高知県須崎市で目撃されたのを最後に目撃情報もなかったことから、環境省はニホンカワウソを「絶滅種」に指定したのです。

環境省によると、最近の調査は、最後に目撃された高知県を中心に行っていて、愛媛県での調査は03年に調査したのが最後で、その時も人の入りにくい奥地などは調べていなかったそうです。

目撃情報が相次いだことから、本格的な生息調査を行い、来月から専門家らが情報のあった場所を調べるということですから、もしかしたらニホンカワウソの「絶滅種」指定が取り消されるかもしれません。

 

被災地の生涯学習センターから銅線ケーブルが盗まれる

Posted by pp2012 on 2012年9月20日 in 未分類 with Comments closed |

東京電力福島第1原発事故による旧警戒区域の福島県南相馬市小高区の市生涯学習センターで、銅線ケーブルが盗まれていたことがわかりました。

市の発表によると、生涯学習センターから銅線ケーブルが盗まれていることがわかったのは8月24日のこと。1階天井裏にあるケーブル24本が切断されているのを業者を発見し、業者が市に報告。市は27日に窃盗未遂容疑で被害届を提出したということです。

小高区は4月に警戒区域が解除されてはいますが、まだ住民の帰還が進んでおらず、センターも無人の状態になっていたそうです。

今月3日にも、別系統のケーブル27本が盗まれており、それに味をしめた同一犯の可能性が高いでしょうね。

センターは無人だったのですから、天井裏のケーブルを盗むなんて大胆なことができたのでしょう。

日本の近海の海底にレアアースが眠っていた

Posted by pp2012 on 2012年7月25日 in 未分類 with Comments closed |

日本の最東端の南鳥島周辺の排他的経済水域内の海底に、レアアースを大量に含んでいる泥が大量にあることが判明したそうです。

この発見をしたのは、東大大学院の加藤泰浩教授らの研究チーム。

加藤教授ら5研究チームは、国際共同研究などで採取された南鳥島周辺のEEZ内の海底ボーリング試料を分析した結果、島の南西約310キロ、水深約5600メートルの海底の泥に最大約1700ppm、平均約1100ppmの高濃度でレアアースが含まれることを突き止めたのです。

今回発見されたレアアース埋蔵量は約680万トンと推定されていて、これは国内の年間のレアアースの消費量の200年分を超える埋蔵量。

そのため、採掘が実現すれば、今後、レアアースに関しては中国の言いなりにならずにすむ可能性があるのです。

新エネルギー源として注目されている「メタンハイドレート」に続いてレアアースの発見。

日本近海には、日本が資源産出国になれる可能性が眠っていますから、国をあげて採掘技術の確立していくべきでしょう。

Copyright © 2012-2014 返済までにできること All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.0.4, from BuyNowShop.com.